PC~etc

PC関連とか諸々。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ALCADIA X-2 VS P180 (HDDの動作音)

単純な使用してての比較をしてみる企画。
第一弾は、HDDの動作音。














勝者は圧倒的にP180!!
勝負になりません。

ALCADIAは、アクセス音が篭った音で響いてきます。
ゴゴッ ゴゴッ ゴゴッ
という感じ。

対するP180。
シーーーン。聞こえてきません。

静穏性の重要な要素の一つであるHDD音に対して、ALCADIAの二重構造を始めとする各仕組みはイマイチ効果を発揮していませんね。
並べて聞いている私が言うんだから、間違いありません。

まずはP180が1勝です。
スポンサーサイト

コメント

そもそも開発コンセプトが誤っています。

HDDの搭載数を重視した、ALCADIAシリーズに二重構造のケースを採用したことに無理があると思います。
HDD 9台(10台乗せられなかった)の低音のアクセス音には二重構造は全く効果なく逆に内部空間も狭くなり、1mmの薄っぺらな軽量アルミでは音叉かスピーカーのパッシブラジエターのように重低音の音響を増幅(効率よく伝播?)してしまい何らメリットが考えられない。


私のX-1ではとうとう、ケースの蓋を閉めるために、排気フアン、ダイレクト冷却改造ファン、を純正から能力アップしたものに乗せ替えと、リテールCPUクーラー(XP-90Cへ)の機能強化を実施せざる負えなかったため冷却騒音に埋もれる中でRAIDのHDDが迫力の有る?ごろごろ音が聞こえてきます。

冷却機能強化のため、行きつけの大手PC量販店に相談しましたがケースに穴を開けまくるか発熱の少ないCPUに載せ替えて静かなHDDを乗せるしか手のないケースですと冷たくあしらわれてしまいました。
今更気休め(4~6dB)程度の改善に高価なオプションを購入する気にもならないし。
高価な勉強代になりました。

  • 2005/09/12(月) 21:03:26 |
  • URL |
  • HH #-
  • [ 編集 ]

AMDのCPU

>思うんですが、CPUの選択に少々問題があったかもしれませんね。

昔、クロックが200MHzの頃AMDのプロセッサーを使ったことが有りました、私の常用している多くのアプリケーションやボード類がIntel系のCPUしか動作保障をしていないなくて、残念ながらAMDのプロセッサーは選択肢に入らないのです。

  • 2005/09/13(火) 18:41:20 |
  • URL |
  • HH #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://pcetc.blog16.fc2.com/tb.php/149-178ac9f5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。