PC~etc

PC関連とか諸々。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ケースに追加で資金投入・・・?

以前、こんな事を書いたんですが。
http://pcetc.blog16.fc2.com/blog-entry-170.html#170
X-2のオプションキットの事ですね。

全部揃えるととんでもない金額になるキットだった訳ですよ。
それが今、お得意のセール販売にて多少安くなってるんです。
http://www3.soldam.co.jp/sale/20051114_alcadia_opt/index.html
個人的にはフロント吸気可能になるオプションが欲しいのですが、そんなシステムを根本的に否定する物は発売される訳も無く・・・。
1.ノイズリダクションシステムキット
2.エアインテーク増強カバーセット
3.エギゾースト強化キット
4.冷却強化OPT.KIT
な訳です。

まず3は必要無い。あんな五月蝿いファンを更に追加する意味が無い。
4もなぁ。自分で静音ファン選んでコントロールすればいいし。
2は唯一欲しい感じの物だった訳ですが、そのほぼ定価分で1が買えるんですな、今回は。
今日15日までか・・・。

R-I/E SYSTEMは自己テストの結果、効果が薄いシステムである事は分かったのですが、だからと言ってケースを捨てる訳では無く。
加工すればいいのでしょうが、面倒だしね。
しかし、側面後部からの吸気は止めてくれないもんですかねぇ。
あれで側面の前部にスリットでも追加してくれたらなぁ。

うーーーむ。
スポンサーサイト

コメント

もう騙される馬鹿は居ないでしょう

懲りずに高価なオプション標準で矢継ぎ早に出してきますね。
よほど当初の設計が拙いと結うことでしょうね。
こんなの机上である程度わかることなのに、何年経ってもこの程度のことが出来ないレベルの集団(個人?)なのでしょうね。
最初から目論んでいるとしたら悪質極まりないメーカー?
私のX-1も自分で板金も含めて相当改造してしまいました。
CPUフアンを含め殆どのFANは強力なFANに換装してしまいインテリジェントで普段は低速高負荷時に自動で回転数をコントロールするよう改造しました。
ケースを電源付き(VariusIII 550)で購入しましたがこれも先日突然ダウンしばらく電源が入らない状態でメーカーに不良交換をしてもらおうか取外しかけると突然復帰。
数日前に以下のサイトで電源にも不信を抱いていた矢先だったので本日ほかのメーカーに乗せ替えてしまいました。
http://kakaku.com/bbs/Main.asp?PrdKey=05908510289#3061344

この火災問題の結末はどうなったのでしょうね、
自作PCだから自己責任という意見がありますが私が思うにはPC用の電源ユニットはこれ単体で一つの製品で電気用品安全法の特定電気用品の電子応用機械器具用変圧器にあたり国内で販売するに当たり電気用品安全法適合マークPSEが入っていて当然と思うのですが入っていないですね。
製品でなく部品と言うなら、この電源を使ってPCを組み立てるには資格が要るのではないでしょうかね。
蛍光灯の器具に蛍光管をを取り付けるのと同じと思うのですが?

  • 2005/11/15(火) 22:33:15 |
  • URL |
  • HH #-
  • [ 編集 ]

設計者は馬鹿じゃない?

設計者や、開発責任者は馬鹿じゃない?
http://www3.soldam.co.jp/sale/20051114_alcadia_opt/index.html
ALCADIA X-1 エアインテーク増強カバーセット
これに関しては
http://www.soldam.co.jp/blog/hoshino
ここで我々が再三インテークスリットにボトルネックが在る旨主張してきましたが、星野さんは無視してきました、今になって馬鹿げた価格でアドバイスを受け入れた?
しかしながら、少し考えればボトルネックはスリット面積よりも外蓋、と内蓋との間隔との断面積の方が小さくボトルネックは断面積にある事ぐらいは即座に解るはずです。
こんなの勝手も2階から目薬程度の効果しかないでしょう。
どの程度の効果が出るのかさえ公表しないことから容易に判断できると思います。
即ちR-I/E SYSTEMは百害あって一利なしのシステムだった言うことを照明しています。
又、このケースは二重かすることでケースの外観に比較し内部の厚みが極端に狭く、冷却効果を改善するためにユーザーが背の高いCPUクーラーなどを実装しようにも不可能です。
何でこんな馬鹿げたシステムをメーカーで検証することもなく発売してしまったのでしょう?
解っていて、利潤を得るため(ユーザーを愚弄するため)にあまり効果のない高価なオプションを次から次に販売するのが此処の販売処方であるなら、そのうち市場から葬られてしまうでしょうね。

  • 2005/11/20(日) 09:06:57 |
  • URL |
  • HH #-
  • [ 編集 ]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

  • 2005/11/20(日) 15:29:07 |
  • |
  • #
  • [ 編集 ]

懲りないR-I/E SYSTEM

http://www3.soldam.co.jp/case/alcadia_xr2/index.html
ALCADIA XR-2と馬鹿げたケースを懲りずに発表してきましたね。
何故百害あって一利なしのR-I/E SYSTEMに固執するのでしょう。
百害をカバーするため騒音の元のケースファン7個+電源FAN 1~2個。
どんな発想をすればこんな馬鹿げたケースが設計できるのか理解に苦しみます。
まさかこんな馬鹿げたケースを購入する場かも存在しないと思います。

  • 2005/12/18(日) 08:33:59 |
  • URL |
  • HH #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://pcetc.blog16.fc2.com/tb.php/185-d2a64563
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。