PC~etc

PC関連とか諸々。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

空冷・水冷クーラー比較

こんな時期なんですが、思いついたのでやってみました。
我が家にある空・水冷クーラーの比較です。

Opteron165@2.6G 1.5V
A8N-SLI Premium
設定できる最大電圧なので、これでかなり発熱します。
SP2004をダブルで起動させてCPU使用率を100%にて測定。
ファンの回転数はhigh2000、Low1500が基本。

比較するのは空冷5種類、水冷3種類。
まずは空冷から。



samurai-z

SAMURAI Z
Idle L30 H29
high2000 54
Low1500 57
FanLess 怖くて試せず

このクーラー、説明に「新開発VTMS搭載によりソケットへの取付けをワンタッチ化!」とあります。
本当に簡単でしたね。これはとても便利な機能ですよ。
冷却能力は標準的でしょうか。発熱高め設定でテストした今回だと、多少不安のある結果です。



zero

ZERO COOL 2
Idle L27 H25
high2000 44
Low 1500 48
FanLess 60℃以上

これも説明に「ケースからマザーボードを取り外すことなく取付けできます。」とありますね。これもSAMURAIZ程ではありませんが、簡単に取付けできました。
形状がNINJAのミニ版みたいです。ヒートパイプがPOWERタイプと呼ばれる物らしく、設置位置に関係なく熱の伝達がスムーズに行われるらしいです。
冷却能力はSAMURAZより上です。高負荷時でも50℃を超えることがありませんでした。かなり優秀だと思います。
FanLessもテストしましたが、60℃を超えて行きました。



ninja

NINJA
Idle L26 H25 UL1110 27
high2000 42
Low 1500 44
FanLess51℃

おなじみのNINJAです。
特に説明する必要も無いくらいの定番ですね。
冷却性能はご覧のとおり、抜群です。回転数を絞っても45℃に到達しませんでした。
ちなみにULとあるのは回転数を絞れる最低にしたものです。
驚くべきはFanLessでの温度です。この温度に抑えられるならケース内エアフローに気をつければ、問題なく使用出来ますね。
見事な製品だと思います。



xp120

XP120
Idle L28 H27 UL1155 29
high2000 46
Low 1500 48
FanLess60℃以上

これまた定番XP120です。
これはコンデンサの位置によっては取り付けられないマザーがあるので注意ですね。
冷却能力はこれも優秀なものでしょう。ただ、NINJAには及びませんでした。4℃程高いです。
FanLessなんですが、以外に温度上昇が激しいです。NINJAより多少上かと思ったら、60℃を超えて止まりません。ちょっと意外でしたねぇ。



写真撮り忘れました。(´ー`)

SI120
Idle L27 H26 UL1155 27
high2000 44
Low 1500 46
FanLess 59

これはXP120よりフィンの位置が高く設定されたもので、取付けマザーを選ばなくなっています。
冷却性能はXP120と同じかと思ったのですが、こちらの方が若干冷えています。フィンの位置が高くなっているのが影響しているのでしょうか。
FanLessでの温度上昇もXP120よりは低く抑えられている感じでした。
ただ、FanLess運用は微妙かもしれません。



以上、空冷クーラーの比較を行ってみました。
これ以外にもXP90Cを持っているのですが、ケース内に取り付けられていたので、テスト無しです。(´ー`)
純銅性の能力を比較してみたかった処ですが・・・。
まあ、そのうち。

次回は水冷クーラーをテストしてみましょう。
スポンサーサイト

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

  • 2006/02/24(金) 11:58:48 |
  • |
  • #
  • [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://pcetc.blog16.fc2.com/tb.php/208-153a9bdf
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。