PC~etc

PC関連とか諸々。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポンプと水温の関係

今回システムに採用したポンプは水没式のポンプです。
ふと思ったのですが、ポンプからの発熱は水温にどの程度影響を与えるか、です。

ポンプは当然ながら熱を発します。
それを冷却する水に完全に没していると、当然冷却水が吸熱する事になりますね。
実際の温度を計測してみました。
ポンプはAGB-EHEIM1000Station、ラジエーターはBlackIcePro2Xflow。

稼動直後水温 19℃
二時間後水温 24℃(ファン停止)

ラジエーターのみで5℃の上昇です。
結構上昇しますねぇ。
ちなみに独立しているVGA側では6℃近く上昇していました。
こちらはポンプとラジエーターが違うので、その差でしょうか。

ファンを稼動させると22℃付近まで下がります。

ポンプの出力を上げると発熱も増すでしょうから、あまり高出力のポンプを使用するのも必要ないでしょうね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://pcetc.blog16.fc2.com/tb.php/215-a2a5a18c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。