PC~etc

PC関連とか諸々。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

VAIO-UXをシミュレーションする

VAIO-UX(オーナーメイドで購入予定のUX90S)はCPUにCore Solo U1400、チップセットは945GMS。
グラフィックはGMA950。
HDDは最大30G、メモリは512Mの固定。
6月に発表予定のフラッシュ版は16Gとなっています。

さて、この性能及び使い勝手はどの程度のものでしょうか。
各種インプレで紹介されているので、何となく分かるとは思いますが、実際に使用してみないと何とも言えませんね。
で、CoreSolo、XPHome、945GM、HDD16G、メモリ512Mの環境を作ってみましょう。

ASUS N4L-VM DHとCore Solo T1300に20GのHDDを16Gに切ってインストします。
T1300は1.66GHzなので、CrystalCPUIDで電圧1.0Vの1.3GHzにしました。



290

これがN4L-VM DHです。MicroATXマザーですね。
これにHDD16GにしてXPHomeをインストします。
その時点で容量は13G程度でした。
案外XPの使用する容量は少ないんですねぇ。

で、個人的に気になるFF11をインストします。
最新追加ディスク「アトルガンの秘宝」までのフルインストです。
すると、容量は6G弱程度となりました。
更に雑多なファイルを追加して、最終的に4.88Gの残容量です。

使用方法によってでしょうが、これで16Gのフラッシュ版でも何とかなる事が分かりました。
まあ、ゲームを入れないのであれば、更に余裕が出来ます。


次にFFベンチを走らせてみます。
219

High

292

Low
どうでしょうか。
インプレに出ていた1868(Low)に比べると高いのは、クロックの差でしょうかね。あれはU1300ですからね。1400なら、この数値に近くなるのでは。

消費電力をワットチェッカーで測ってみました。
こればかりは、電源とか違ってくるのでCore Soloとこのマザーでの参考と言う事で。
アイドル時 46W
FFベンチ時 60W(最大)

さすがに低いですねぇ。
で、この時のCPU温度ですが36℃でした。アイドル時には32℃となっています。
ベンチ実行時にもヒートシンク触っても、暖かくなっているのが分かりません。かなり低発熱ですね。
UXの筐体に入ると熱が篭るでしょうから、温度は上昇するのかな。

さて、最後にゲームのプレイ感を。
FF11の最新ディスクでビシージという追加がされました。
これは、街に敵が大挙攻めてくると言う設定です。
で、街には750名が許容人数となっていて、凄い状況になります。
私が普段使用しているOpteron165@260、GT7800でプレイしていても、この最大人数でのプレイとなるとラグが酷くかなり無理を感じます。
これをUXですると、どうなるか・・・。

解像度を800X600にして、各種設定を低めにしてもさすがに苦しいです。
プレイは出来るのですが、この状態だと自分にかなり近い範囲でしかPCキャラが表示されません。
まあ、GT7800でも普通にはプレイ出来ない状況なので仕方ないでしょう。
逆に、プレイ不可ではないのに驚きました。
これなら普通のPTプレイなら可能かもしれません。
ソロプレイなら問題ないでしょう。
ただ、UXの小さい画面では目が疲労するのは間違いないでしょうね。

似非UX環境を作って、どうなるかシミュレートしてみましたが如何でしょうか。
FFプレイヤーなら、なんとなく感じは掴めたのではないでしょうかね。
個人的には27日発売のHDD版を購入して、更に6月のフラッシュ版も購入する予定です。

あーー、楽しみ。(´ー`)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://pcetc.blog16.fc2.com/tb.php/224-fbaaa732
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。