PC~etc

PC関連とか諸々。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ケース天板冷却テスト(P180、AN8)

昨夜やった天板に保冷材を設置してのテストの続きです。
天板ファンを昨夜は停止していましたが、吸気にしてみました。








ice ice ice ice(b) ice
Fan 850 850 1000 1200 1200 850 850
cpu 40.0 41.0 40.0 40.0 58.0 40.0 40.0
5 31.4 32.4 29.6 29.3 33.2 32.5 31.3
6 31.3 31.6 30.0 29.7 32.4 31.5 30.0
chip 39.0 40.2 38.3 37.5 38.8 40.4 40.2
fin 33.0 34.2 31.3 30.0 33.0 34.3 34.1

Fanはリアの回転数
5はフロントベイ上段付近
6はリアファン手前付近
chipはチップセット
finは放熱フィン

左側から時系列でテストしています。
iceは天板に保冷材、bはGogoBench1時間実行。
天板ファンを吸気にして作動。

保冷材設置1200RPMは、かなり冷えてますかね。
ほぼ室温に近いケース内温度になってます。
天板ファンを吸気にして、そこに設置すればCPUに影響出るかと思いましたが、
影響無しでした。

ちなみに、天板自体の温度は26.6℃に冷えていました。
20℃くらいまで冷やすと、更に変わるのかどうか・・・。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://pcetc.blog16.fc2.com/tb.php/92-67c196f7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。